福島第一原発事故を受けて、これから長い付き合いとなる放射能に関する学習会を実施しています。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請願が採択されました
2011-12-18 (日) | 編集 |
学校給食の放射能測定器 導入を求める請願」可決

12/16の市議会にて、「測定器導入」請願が可決されました。
大きな一歩です。

動議(異議あり)が、公明党の大山議員から出され、かがやき会派の藤倉議員から「動議に賛成」の声。
これを受けて、「代表者会議(市民は傍聴できません)」に審議の場は移されて、1時間強ほど、私たちは待ちぼうけ。

大山議員は、ご自身のブログ11月3日付で「給食センターに測定器を設置し、食材のチェックを実施すべき」とご意見を表明されています。
ですが、昨日は一転し「給食センターに測定器を設置することは問題である。総合会館に設置するべき」など、請願に書いていた「給食センターに設置」に賛同できずと、動議を出されて紛糾しました。

結局、「趣旨採択」(趣旨採択では、意味が薄く、具体的に測定機購入になりません)にするかどうか、という採決で
大山議員は「趣旨採択にすべし」かがやき会派(吉田議員は欠席)が「趣旨採択にすべし」。

趣旨採択に賛同が6名  反対が13名 (大滝議員は議長のため賛成・反対の表明はせず)
⇒「趣旨採択」は否決され

いよいよ「請願の採択」になりました。


賛成が 

岡村議員(請願紹介議員)、松坂議員、関口議員(比企の風・市民クラブ)    
南議員、飯嶋議員、高田議員、横川議員、中島議員(あおぞら会派)   
 
蓮見議員、武藤議員、小野議員(共産党)    

鈴木議員 (無会派) 福田議員(無会派)  

合計13名



反対が
坂本議員 根岸議員 藤倉議員 堀越議員 米山議員  5名

棄権  
大山議員(公明党)


欠席  
吉田議員



となり「可決」されました。

お子さんを連れて傍聴に駆けつけてくださったママたち、本当にありがとう。
お孫さん世代のために傍聴に来てくださった方たちも多数でした。

皆様 お疲れ様でした。一歩前進です!!
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
採択、お疲れ様でした
16日1じ半からの議会、多くの方が傍聴に来ていました
お子さんを連れている方がたくさんいらっしゃいました
40人以上はいらしていたのではないでしょうか
ただ、長引いてしまい、多くの方が、我が子のお迎えや下校時間、夕ご飯の時間になってしまい、せっかく足を運んだ方が、一番重要なところを見られなかったことが残念でした
密室会議で1時間半以上は待たされました
市民は蚊帳の外です
子ども達の命に関わることに、反対する議員がいて驚いてしまいました
傍聴に行かなければ分からないことです
私は、しっかり見させてもらいました
今後の行政の迅速な対応を期待しています
終了した夜の7時までの6時間の傍聴、お疲れ様でした

全会一致とならなかったこと、市民として恥ずかしく思います
あたりまえのことが、あたりまえに通じる世の中であってほしいです
賛成してくださった13名の議員さん、ありがとうございました

2011/12/19(月) 17:32:44 | URL | そら #-[ 編集]
はじめまして
初めまして。

突然のコメント、失礼いたします。

私、茨城県猿島郡境町にて「子供の未来を考える会」の代表を務めております小久保と申します。

この度、茨城県にて以下の企画が立ち上がりました。

茨城メインの企画ではありますが、対象の企業が埼玉県でも店舗展開しておりますので、ぜひご協力願いたいと思い、ご連絡差し上げました。

ぜひ、ご理解の上、ご協力いただければ幸いです。

内容は以下の通りです。

宜しくお願い致します。



********************************



I love カスミプロジェクト



3月の原発事故以来、食への不安が広がっています。

私たち消費者は、今の国の暫定基準値や検査体制に決して満足しているわけではありません。

でも、自分はどうしてほしいのか、どう思っているのか、きちんと相手に伝えなくては、現状を容認していることだと思うのです。

そこで、私たちはスーパーや小売店に、『消費者の本当の声を届けたい!』『買いたくても買えない現状をわかってもらいたい!』そんな気持ちから、スーパーに自主検査とその数値の公表などをお願いするためのプロジェクト「アイラブカスミプロジェクト」を立ち上げました。

「カスミ」は茨城県内に80店舗以上を展開している茨城県の地場産業ともいえるスーパーですが、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県にも合わせて50以上の店舗を展開しております。

これまで地産地消を推し進めてきたように、「生産者・消費者・スーパー」が力を合わせ、安心して買い物ができる環境を作っていきませんか?

ぜひ、アイラブカスミプロジェクトのホームページ(http://ilovekasumi.jimdo.com/)よりオンライン署名「お客様の声」をご記入ください。そして、さらには、ご自身がよく利用なさるスーパーへも「お客様の声」を届けてください。

また、もう一つお願いがあります。

みなさんの会や個々人で、HP、ツイッターなどでこの企画をご紹介いただいたり、イベントなどを行う際にチラシ(HPからダウンロードできます。)の配布などご協力頂けませんでしょうか?

この企画は、「簡単な行為の中にも声を上げる手段はある!」ということを広く一般の方たちにも気づいて欲しいという思いがこもっています。

会の仲間を増やす手段として、気軽に「放射能問題」を話題にするきっかけとして、利用していただけると幸いです。

私たちは「アイラブカスミプロジェクト」が各地で展開され、カスミに限らずどこのお店でも、誰もが安心して買い物ができるようになることを願っています。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



子どもたちを放射能から守る全国ネットワークの紹介ページ

http://kodomozenkoku-news.blogspot.com/2011/12/blog-post_2705.html

インターネットのニュースでの記事

http://news.livedoor.com/article/detail/6110586/

http://www.net--election.com/news_ajvI0ulzm2.html?right

ツイッター 

https://twitter.com/#!/iloveKASUMIproj
2011/12/21(水) 06:24:00 | URL | kokubo #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/05/02(水) 09:12:54 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。